江戸打刃物 八重樫


江戸打刃物 八重樫

◆江戸打刃物とは

  「日本書記」によれば、敏達天皇(583年)の時代に新羅から鍛冶工が招かれ、鋼(はがね)の鍛造法が伝えられたのが日本の鍛冶の始まりといわれています。武士階級が台頭するにつれて刀剣職人の技術が磨かれ、やがて柔らかい鉄に鋼をつける着鋼法が盛んになり、切れ味の鋭い日本独自の打刃物が発達しました。

 明治4年に廃刀令が交付され、ほとんどの鍛冶たちは業務用、家庭用打刃物づくりに転業せざるを得なくなり、文明開化とともに伝来した洋風刃物の製作に取り組み、今日まで続く打刃物の基礎が築き上げられました。

代表的な作品

料理包丁

彫刻刀

オーダーメイド 可

詳細はご相談の上。

普段、毎日、注文製品を作っているので、オーダーメイドの比率は高く、面倒な仕事が多いけれど、おもしろさ、仕上がったときの充実感があります。

修理 可

包丁研ぎ 1000円程度~ 納期1週間。
その他の刃物の研ぎ・修理は、大きさ・長さしだいで対応。
その納期は2週間以上。

商品へのメッセージ
手作りで一丁一丁作っているので、切れ味の良い刃物を作るよう心がけている。

お勧めの商品
木工用の刃物。料理包丁。手打ち蕎麦(ソバ)用包丁。

氏名

八重樫八重樫宗秋(四代)

八重樫八重樫忠夫(ただお) 

経歴

・忠夫 昭和9年生まれ 葛飾区立石生まれ 三代の弟
昭和24年より3代と共に刃物作りに携わる。

・四代宗秋
昭和27年生まれ
幼少の頃より家業を手伝い、工業高専卒業後20歳より現在の仕事に従事。
以来、伝統的な打刃物製造法と秘伝の鉄のりを守り続ける。

連絡先

工房 八重樫打刃物製作所
電話 03-3697-5487  FAX 03-3692-5454

住所 〒124-0012 葛飾区立石3-4-7

ホームページ http://muneaki.net/

認定・役職

葛飾区伝統工芸士(宗秋、忠夫)

得意な技術
地鉄と鋼を鉄ノリで張り合わせる鍛造の技術で、硬くかつ粘り強い刃物を作る。

思い出の商品

1、大阪四天王寺丈六仏製作のためのノミを製作。
完成後はそのノミを「忘れノミ」として仏像の体内に納めてある。(300年後、この仏像を作るための道具を未来の仏師に伝えるために。)

2、成田山新勝寺大塔不動明王製作用ノミ

3、日光東照宮並びに輪王寺修復で使われる「うるし塗り用のノミ類」を製作する。

夢・願い
職人が満足できる刃物を作る

教室の実施 無

工房の見学 不否