硝子彫刻 松浦勝利


硝子彫刻 松浦勝利

◆硝子彫刻とは

 サンドブラストの技法は、砂を勢いよく被写体に当てその表面を梨地にする技法です。彫刻したい部分を切り取ったビニール膜をガラスに貼り、露出した部分に圧搾空気の力を利用し、砂を勢いよく吹き付けます。この作業を繰り返すことにより、作品を完成します。

代表的な作品


クリスタル ロックグラス 「桜」


ウィスキー瓶彫刻(中身有り)


地球儀・電気スタンド等も有り(館には展示せず)

オーダーメイド 可 詳細はご相談。

修理 可 商品へのメッセージ

お勧めの商品
江戸彫

氏名


松浦 勝利(まつうら かつとし)

経歴
昭和19年 墨田区生まれ
昭和38年 高校卒業と同時に、父・兄の経営するガラス木型業従事。
昭和40年 独立。
昭和41年 ガラス彫刻(サンドブラスト)に転身。
昭和60年 葛飾区に工場移転。

プロ野球・プロゴルフをはじめとしたスポーツイベント、
日本コマーシャル大賞等の受賞品など、数々のトロフィーへの彫刻を例年行う。
また、総理経験者を始め、著名人の直筆彫刻を行う。

連絡先
工房 (有)マツウラブラスト
電話 3695-3223 FAX 3692-0560
住所 〒124-0023 葛飾区東新小岩8-30-5

認定・役職
葛飾区伝統工芸士

得意な技術
写真等の細かい彫刻

思い出の商品
近頃では、女子プロゴルファー横峯さくらのトロフィー彫刻

夢・願い
硝子彫刻を学校教材として広めたい。(ニート・フリーター対策)

その他
教室の実施 有
工房の見学 可
 いずれもご連絡下さい