江戸切子 (株)清水硝子

江戸切子 (株)清水硝子

◆江戸切子とは
江戸切子とは、ガラスの表面にカットを入れる技術自体のことです。
江戸切子は、1834年(天保5年)江戸大伝馬町のびいどろ屋の加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻することを工夫したのが始まりといわれています。
明治時代に入って、ヨーロッパのカットグラスの技法が導入され、ガラスの表面に様々な模様を施すガラス工芸の技法が確立され、今日まで伝承されています。

代表的な作品

歌舞切子 赤隈・青隈
デザイン:ハルデザイン  東京手仕事支援事業によるコラボ
江戸切子クリスタルロックグラス
クリスタルロックグラス 
左:重ね矢来 右:ストライプ
丸ロックグラス 隅田川の花火
デザイン:E.KAWASAKI

オーダーメイド 可
(例)
・品物 お引出物
・価格 ご予算に応じて
・納期 1か月~
ご予算に応じて、お引き出物・記念品・建築向け加工等、各種製作させていただいております。
記念品・グッズコラボ向けにグラスや箱への名入れでの品も承ります。(別途費用)

商品へのメッセージ
下町の江戸切子職人がハンドメイドで、心をこめて加工しております。

お勧めの商品
気に入った、いいものを御使いください。
クリスタルガラスの品の透明度と輝きもオススメです。

氏名


株式会社 清水硝子(しみずがらす)
清水三千代(社長) 三田隆三(職人)ほか

経歴

大正12年 深川菊川町にて先々代の清水直次郎氏が清水硝子加工場を創業。
昭和 3年 葛飾区小菅に移転。
昭和23年 現在地・堀切に移転。
昭和27年 有限会社化
昭和39年 株式会社化

連絡先

工房 株式会社清水硝子
電話 03-3690-1205 FAX 03-3690-1206

住所 〒124-0006 葛飾区堀切4-64-7

HP 江戸切子の清水硝子

SNS

認定・役職
葛飾区伝統工芸士 東京マイスター 三田隆三
日本の伝統工芸士 中宮涼子
東京都中小企業振興公社 「東京手仕事」認定
葛飾ブランド「葛飾町工場物語」

得意な技術
カットグラス・切子加工・研磨全般。特に高級切子・クリスタルガラスの加工。

思い出の商品
海外の王室へギフト品・江戸切子クリスタル大皿の製作(大手企業からのご依頼)
匠の国・日本の和の贈答品ということで、江戸漆器・唐木細工・江戸切子のコラボレーションで製作。
東京スカイツリー本体部分の展示装飾(内装)江戸切子への参画

夢・願い
いい品を飾るだけでなく、使って頂きたい。そして、江戸切子により親しんで頂きたい。

その他
教室の実施 無
工房の見学 可
 あらかじめ御電話にてご相談下さい

動画紹介

伝統産業職人の技を未来へ「匠をつなぐ」プロジェクト 葛飾編「 江戸切子 葛飾伝統産業職人の世界