コンテンツへスキップ

葛飾区伝統工芸職人弟子入り支援事業の3回目(※)の募集となった2017年度開始事業が、さる2019年9月末で支援対象期間を終了いたしました。

第35回葛飾区産業フェア農業・伝統産業展では、
成果政策の展示が行われ最終日10/27(日)には終了証の交付が行われました。

DSC07116

DSC07119

修了した弟子は4名。

酒井威葛飾区産業観光部部長からの終了証の授与、柳職人会会長からの激励と、各親方からの言葉・花束贈呈、修了者のお礼の言葉がたくさんの職人・関係者の見守る中行われました。

DSC07112DSC07125DSC07132DSC07137DSC07140DSC07143

技量の研鑽と、世にその仕事を届けていく職人としての道の門出。
どうかよろしくお願い申し上げます。

※弟子入り支援、以前の実施は2007年度と2008年度の2回。今後の事業実施は未定です。

第32回堀切地場産業展

が11/9・10の土日に開催されます。9時-16時。

堀切が地元の会員2社が出展。

東京銀器 上田銀器工芸

江戸切子 清水硝子

いずれも体験も行います。

第32回堀切地場産業展|葛飾区公式サイト http://www.city.katsushika.lg.jp/event/1000107/1019097.html

Print

滋賀県長浜市の黒壁スクエアで開幕した

「グラスアート展 in 長浜 2019」

企画のうち、今年の特集の切子の

「江戸・薩摩・大阪 -粋と極みの切子展-」

に、江戸切子清水硝子が協力しています。

日時 10/26(土)-11/10(日)

会場 黒壁スクエア 黒壁一号館黒壁ガラス館2階

https://www.kurokabe.co.jp/

 

日本橋三越本店本館5階ギャラリー ライフ マイニングにて、
都公社の東京手仕事事業の特集が開催。

期間限定販売会「進化する粋 東京手仕事展」

日時 令和元年10/9(水)~22(火・祝) 午前10時~午後7時 ※最終日は午後5時終了

https://tokyoteshigoto.tokyo/news/201910nihonbashimitsukoshi/

 

三越本店夜

期間中、10/16-22 彫金・手編みジュエリー 檜垣彫金工芸 が実演販売を行います。

 

東京手仕事には本年度、当会職人会から

東京三味線 河野

江戸打刃物 八重樫打刃物製作所

彫金・手編みジュエリー 檜垣彫金工芸

銅製おろし金 勅使川原製作所

江戸切子 清水硝子

が認定指定されています。

恒例の江戸木彫刻の展覧会「木彫工藝展」が、10/9(水)より、清澄白河の深川江戸資料館で開催されます。

同展には、葛飾からは福島・北澤・塩田が参加。

日時
10/9(水)~13(日)9:30~17:00(最終日16:30終了)
会場
深川江戸資料館 地下 レクホール https://www.kcf.or.jp/fukagawa/event/detail/?id=3039

福島県河沼郡湯川村にございます「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」で、葛飾区伝統産業職人会メンバーの出張販売を行います。

これは、映画「男はつらいよ」の撮影監督を務めた故高羽哲夫氏が湯川村ご出身というご縁からの湯川村・葛飾区のご縁によるものです。

日時 10/6(日)午後から。(東京から到着・準備し次第) 10/7(日)9時から13時。 (予定)
会場 道の駅あいづ 湯川・会津坂下(福島県河沼郡湯川村大字佐野目字五丁ノ目78-1)
サイト http://heso-aizu.jp/

 

10/6(日)は、湯川村新米祭りを開催されています。

本年で開業5周年を迎えた「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」では、その当初より葛飾区伝統産業品をお取り扱い頂いています。

第35回葛飾区産業フェア 農業・伝統産業展

第35回葛飾区産業フェア 農業・伝統産業展

「つなげるジダイ つながるミライ」

葛飾区産業フェア公式サイト

第35回葛飾区産業フェア 農業・伝統産業展が開催されます。

恒例の葛飾区一大イベントです。

葛飾区伝統産業職人会は、各職人が出展・実演・販売。また展示されます。

 

※本展に伴い、立石の葛飾区伝統産業館は、10/24(木)-29(火)までお休みをいただきます。

 

日時

2019/10/25(金)~10/27(日)

午前10時~午後5時 (27日は午後4時まで)

会場

テクノプラザかつしか 〒125-0062 東京都葛飾区青戸7-2-1